2007年9月2日日曜日

Dovecot+sieve+quota

新しいサーバのDovecotに入れてある、dovecot-sieveを新しくしてみた。

MANAGESIEVEのパッチを持ってきて適用。dovecot入れ替え。
で、dovecotのリポジトリから、新しめのをdovecot-sieveを取り出して入れた(どうせなら、1.1系と同じCMU sieve 2.3.8相当にしたかったから)

とりあえず簡単に書いて、フィルタリングさせてみたけど、これは便利。
mailerでの振り分けは止めた(休み明けとかで、3000通とかあると、振り分けに時間かかりすぎる)
Dovecot-LDA(postfix経由)は今まで使ってなかったから、みんなが使い出したときの性能が心配ではあるけど。

ついでにQuotaも設定した。IMAPで容量が見られるのは便利。
ただ、他にも使用量を見られる方法を考えておかないといけないな。


MANAGESIEVEのパッチを探しているときに、OpenSolarisでCPU使用率が高い問題の解決策を見かけた。
Solaris10だけど、確かに負荷が高くて、コンパイラもSunStudio12なので、これかもと思って-fast外したら
嘘のようにシステム全体が軽くなった。SunのForumにも記述を発見した。



0 件のコメント:

コメントを投稿