2007年9月2日日曜日

gentoo hardened 2007.0

glibcのemergeがこけてはまった。

Gentoo SELinux 2007.0 Upgrade Guideにしたがって、

FEATURES="-selinux" PORTAGE_T="portage_t" emerge -u1 libsepol libselinux libsemanage checkpolicy policycoreutils selinux-base-policy

したら、glibcも更新対象になっていて、まずglibcのemergeから始まった。
コンパイルが終わって、ファイルのインストールが始まったと思ったら、
最後に、segmentation faultで落ちた。

実際には、新しいファイルが入っていないので、たぶんebuild installの処理で落ちたんだろう。

自動に選択されていたのが、glibc-2.6.1だったので、とりあえず、

FEATURES="-selinux" PORTAGE_T="portage_t" emerge -av1 =glibc-2.5-r4

してみた。HardenedのMLで、2.5がstableとか書いてあったので。
でも、同じところで落ちた(っぽい)。

SELinuxに直接関係あるlibselinuxとか以外なら関係ないかと思って、

emerge -av1 =glibc-2.5-r4

にしたら、うまくいった。

そのあとは、問題なく動いてるっぽい。



0 件のコメント:

コメントを投稿