2007年9月16日日曜日

PythonでH2を使ってみる(on Windows)

たまに使ってる、H2をPythonから使えるか試してみた(使い始めた頃は、PureJavaなSQLiteがあるの知らなかった)。

H2が自前ODBCを捨てて、postgresqlのODBCドライバを使えるようにしたって言うニュースをみて、
やろうと思ってて、ずっと忘れてた。
とりあえず何の問題もなく使えるので、まああんまり書くことはないけど、
ちょっと検索してみても見あたらなかったので、メモっておく。

  1. H2をダウンロードしてきて入れる。Windows用インストーラーでも、Platform-Independentなzipでも。
  2. PyGreSQLlibpq.dllを探してきて入れる。8.2.4のlibpq.dllを見つけたのでそれにした。
  3. H2起動。h2.batかjava -cp h2.jar org.h2.tools.Serverでok。
  4. Pythonから使う

>>> import pgdb
>>> con = pgdb.connect(host="localhost:5435", database="test", user="sa", password="sa")
>>> cur = con.cursor()
>>> cur.execute("select * from INFORMATION_SCHEMA.USERS")
>>> for r in cur.fetchall():
    print r

['SA', 'true', '', '15']

portがPostgreSQL標準の5432じゃなくて、5435なのだけ注意すれば特に問題ないんじゃないかな。
現状の制限とか、接続情報も書いてあるので、見ておいた方がよさそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿