2007年8月27日月曜日

Silverlight 1.1とDLR, XAML

XAMLを極力使わないで、IronPython側で組み立てようと思ったら、
マネージドコードでは、DependencyObjectNameはつけられない(作るときも、後からも)、
Durationとかは値が設定できないし、どうにもならないことを知った。

Nameがつけられないのは、そいつへのアクセス方法を、名前で探す以外の方法でやればいいから、まあいいとして、
作れないオブジェクトがあるのは、どうにもならないな。
XamlReader.Loadでがんばるしかないのかな。

カスタムコントロールは、まだIronPythonでの作り方がよくわからない。
まあ、これ自分自身のXAMLは必要みたいだけど。



2007年8月22日水曜日

PyICU

PythonでICUが使えないかなと思って探したら、PyICUが見つかった。
だけど、大好きなTransliteratorが無いようだ。Normailzerもないけど、unicodedataのnormalizeで足りるから問題ないか。

他のソースをまねして、追加してみるかな。