2008年2月26日火曜日

Xmingで日本語入力(uim-anthy)

やっぱり、たまにmltermでも日本語を入れたいことがあったので、ちゃんと設定しておく。
前回は適当に検索してあきらめていたけど、Xでの日本語(等)入力の仕組み(XIMやらIIIM, GTK/QTのIMM)的に出来ないわけはないので、やってみたらとても簡単だった。
ubuntuなので、パッケージを入れて終了。

  • mlterm-im-uim
  • uim-gtk2.0
  • uim-anthy
mltermを含むgtkなアプリで日本語が化けていたのが気になっていたが、fontconfigで扱う日本語のフォントがなかったからだった。とりあえずパッケージがあるvl-gothicをいれたら、ちゃんと日本語も表示できるようになったので、Systemaも入れてみた。fc-cacheでいろいろやるのは覚えていたので、/usr/share/fonts/truetype/systemaにttfを突っ込んで、sudo fc-cache -fしたら使えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿