2011年3月4日金曜日

libproxyのpythonバインディング

proxyの設定がPAC使っていたりして複雑なときlibproxy(のpythonバインディング)は便利です。URLを指定すると使うべきproxyを返してくれます。

どうやって使用すべきproxyを決めているかはHowToのConfig Modulesに書いてありますが、環境変数とかproxy.conf, GNOME等の設定、wpadなんかを見てくれます。

one linerで
$ python -c 'import libproxy; print libproxy.ProxyFactory().getProxies("http://www.google.com/")'
['direct://']
$ env http_proxy='http://example.com/' python -c 'import libproxy; print libproxy.ProxyFactory().getProxies("http://www.google.com/")'
['http://example.com/']

0 件のコメント:

コメントを投稿