2011年12月3日土曜日

Arch Linuxでvmwgfxを使う

いまは簡単になっていますので、最近のvmwgfx(Arch Linux)にメモを書きました。


Arch Linux on VMware Player4.0.1でvmwgfxを使うまでのメモ。
1. VMWARE gfx kernel driverをもってくる(masterがvmwgfx 2.xになっているのでvmwgfx_2_0_branchではなくなった)

ソース取得後、makeして出来たkoを置く。
$git clone git://anongit.freedesktop.org/mesa/vmwgfx
$ make && gzip vmwgfx.ko && sudo mv vmwgfx.ko.gz /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/gpu/drm/vmwgfx/
2. 新しいSVGAドライバとXAが必要なので、aur/mesa-fullをインストール。
$yaourt -S mesa-full
不要なドライバを外すためPKGBUILDを編集(Gallium版SVGAドライバとXAを有効にする)
編集
 --with-dri-drivers=i915,i965,nouveau,radeon,r200 \
 --with-gallium-drivers=r300,r600,nouveau,svga,swrast \
を次のようにする。
 --with-dri-drivers= \
 --with-gallium-drivers=svga,swrast \
次のオプションをconfigureに追加
 --enable-xa \
あとはビルドしてインストールすればよい。
3. xf86-video-vmwareのvmwgfx_branchを準備
git clone git://anongit.freedesktop.org/xorg/driver/xf86-video-vmware
cd xf86-video-vmware
git checkout vmwgfx_branch
$ ./autogen.sh --prefix=/usr
$ make
$ make install
4. /etc/X11/xorg.conf.dに20-vmwgfx.confなんて名前でファイルを作成する
Section "Device"
 Identifier "SVGA Grapics Device"
 Driver "vmwgfx"
EndSection
5. glxheads, glxinfoなどで確認する
$ glxinfo | grep renderer
OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on SVGA3D; build: RELEASE;

0 件のコメント:

コメントを投稿