2013年6月8日土曜日

btrfs send/receive

いつの間にかbtrfs send/receiveができるようになっていたらしい。zfsのやつと使い方は基本的に同じ。

自分の環境(Arch Linux)で試しにbackupをとる手順をやってみた。
[root@archbox ~]# uname -a
Linux archbox 3.9.4-1-ARCH #1 SMP PREEMPT Sat May 25 16:14:55 CEST 2013 x86_64 GNU/Linux
[root@archbox ~]# btrfs --version
Btrfs v0.20-rc1-253-g7854c8b
 手順は簡単
  1. snapshotをとる(readonlyじゃないとsendできないので-rをつける)
    btrfs subvol snapshot -r /home/ /home/backup (/homeがsubvolume)
  2. snapshotをbackup
    btrfs send /home/backup/ | btrfs receive /backup
だけ

sendしたstreamをとっておくだけでもいいし、基準のsnapshotと新しいsnapshotを使ってincremental backupもできる

incremental backupは、前の手順の続きで
  1. 新しいsnapshotをとる
    btrfs subvol snapshot -r /home/ /home/backup2
  2. 親(基準)を指定してsend
    btrfs send -p /home/backup/ /home/backup2 | btrfs receive /backup

しばらくブラウザで遊んだあと試してみた結果
[root@archbox ~]# btrfs send  /home/backup | wc -c
At subvol /home/backup
4609013921
[root@archbox ~]# btrfs send  /home/backup2 | wc -c
At subvol /home/backup2
4610672892
[root@archbox ~]# btrfs send -p /home/backup /home/backup2 | wc -c
At subvol /home/backup2
59143976

0 件のコメント:

コメントを投稿